忍者ブログ
このブログは、関西の小劇場系劇作家でもあるGockyが、少し怪しい感じの短編を、思い付くまま20文字10行でまとめあげる、ブログです。原稿用紙の半分、たったの200文字。詩と考えても短い200文字。思いのほかハードルは高く、難しいですが、ショートショート作品集としてお楽しみいただければ幸いです。
<< 04  2017/05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    06 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

延々と続く道路の脇に、

等間隔で街灯が並んで立っている。

ぼんやりと光る街灯の下には何故か、

一人づつ、男が静かに立っていた。

気味が悪いなと思いながら僕は足を早める。

最後から三番目の街灯の下、

……どこかで見たような顔の男だ。

最後から二番目の街灯の下、

三年前に死んだ俺の親父じゃないか!

最後の街灯の下には、まだ誰もいなかった。
PR
いつの間にか、僕は裸足で、

砂利道の上を歩いている。

闇の中に浮かぶ、真っ白な道。

一歩一歩を踏みしめるたびに、

その白い砂利は、ぱきぱき、と音を立てる。

いつの間にか、僕は気づいている。

それは砂利なんかじゃなく、

骨の欠片なのだと。

僕は、僕自身の骨を踏み砕きながら、

真っ白な道を進んでいく。
病院の

窓にへばりついて、じっとこっちを見てる

いつ逝ったのか分からないまま

体の痛みより

心の痛みをずっと気にしてた

誰も訪れない病室の隅で

「どうせ死ぬんだろう」と

聞こえるはずのない声を聞いた

今でもずっと、こっちを見てる

大丈夫だって言って欲しいんだ、彼女は
★ ブログランキング
気に入って下さった方、押して下さると、作者が不気味に喜びます。↓ にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ ブログ王
★ 最新コメント
[12/28 韓国人]
[12/28 韓国人]
[12/26 Gocky]
[12/23 韓国人]
[12/15 Gocky]
★ 脚本集
僕の短編脚本集、発売中です!
脚本集2/真説・ドッペルゲンガー

脚本集2/ホワイトフラワーズ
★ プロフィール
HN:
Gocky
年齢:
44
HP:
性別:
男性
誕生日:
1972/06/14
職業:
演劇人兼デザイナー
自己紹介:
「HQ BRAIN」フリーグラフィックデザイナー。
表現ユニット「シナツヒコ」代表。演劇集団はいてっくくねくね元代表。

Copyright (c)Gockyの「10行ホラー」 All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]