忍者ブログ
このブログは、関西の小劇場系劇作家でもあるGockyが、少し怪しい感じの短編を、思い付くまま20文字10行でまとめあげる、ブログです。原稿用紙の半分、たったの200文字。詩と考えても短い200文字。思いのほかハードルは高く、難しいですが、ショートショート作品集としてお楽しみいただければ幸いです。
<< 03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    05 >>
[3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

赤い歯茎に注射針がチクリと刺さり、

私の頬に麻酔液が流し込まれる。

口内と頬の皮膚感覚が徐々に奪われていく。

「麻酔が効くまで少し時間かかりますから、

それまでちょっと説明を聞いてください。」

そう言って先生は、いつもの笑顔のまま、

大きなコレクションケースを取り出した。

ケースの中にずらりと並べられた、

様々な形の何百本もの「親不知」。先生は、

一本一本についての武勇伝を語り始めた。
PR
僕は夜型人間だから、

目覚めたら夜だったなんて事は少なくない。

しかし最近はどうもおかしい。

いつ目覚めても、いつも夜なんだ。

時計を見る。3時。午前?午後?どっち?

北極や南極は、冬になると一日中、

夜だと言う事を思い出した。

もしも、もしも僕の知らない間に、

地軸が変わってしまったのだとしたら、

そう言えば、最近やけに寒くなってきた。
芥川も題材に取ったという絵仏師良秀の、

その芸術観の是非について話していた。

以前は画壇の寵児と呼ばれた友人も、

先日の酷評にはきっと弱っていたのだろう。

彼は、良秀などは大した事はないと言い、

筆洗の油を頭から被り、燐寸を擦った。

焔の柱。そこからは良く覚えていない。

大鏡に映る自らが焼け落ちて行く姿を、

画布に描き留めんとする狂人の腕が見えた。

彼の絵は全て燃えてしまってもう無い。
★ ブログランキング
気に入って下さった方、押して下さると、作者が不気味に喜びます。↓ にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ ブログ王
★ 最新コメント
[12/28 韓国人]
[12/28 韓国人]
[12/26 Gocky]
[12/23 韓国人]
[12/15 Gocky]
★ 脚本集
僕の短編脚本集、発売中です!
脚本集2/真説・ドッペルゲンガー

脚本集2/ホワイトフラワーズ
★ プロフィール
HN:
Gocky
年齢:
44
HP:
性別:
男性
誕生日:
1972/06/14
職業:
演劇人兼デザイナー
自己紹介:
「HQ BRAIN」フリーグラフィックデザイナー。
表現ユニット「シナツヒコ」代表。演劇集団はいてっくくねくね元代表。

Copyright (c)Gockyの「10行ホラー」 All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]